おしりの黒ずみ・シミ・お尻ニキビが気になるならコレ!!

おしりの黒ずみ

Peach Rose

 

おしりに黒ずみ・シミ・おしりニキビがあると、彼氏に見せるのが恥ずかしいですよね?
友達と温泉に行って着替える時におしりを見られるのが恥ずかったり。

 

おしりの黒ずみを放置しておくと、黒ずみが広がり頑固な黒ずみになっちゃうんです。
おしりは下着などで隠れるし、他人に見られる事も少ないので放置しがちですよね。
そうなる前にぜひお手入れをしてください!

 

おしりに黒ずみができるのは、おしりの環境の悪さが原因です。
おしりは常に下着や衣服に触れていて蒸れやすいので不衛生なのです。
椅子に座っていると圧迫され、更に悪化していきます。

 

すると血行不良になりやすく角質のターンオーバーも起こりにくいのです。
どうやってケアしていけばいいかというと通常の顔や体用の化粧水やクリームではダメなんです。

 

そこで、おしりニキビ・黒ずみ専門のジェル「ピーチローズ」をご紹介します。
日本最大の美容総合サイトであるアットコスメの「ヒップケア部門」で260品中で
第1位入賞で話題となっているおしり専用ケア商品です。

 

 

美容成分を限りなく高濃度に配合したピーチローズがスゴイのは、
美容ジェルでありながらマッサージジェルとしての機能も持っていることです。

 

ノンアルコールだから肌表面に優しくとどまり、
馴染ませるようにマッサージすることで、シミ・黒ずみだけでなくリフトアップもサポートされます。
使い続ければ使うほど効果を実感できます!

 

 

※集中ケアコースは、初回のお申し込みから毎月定期的に商品をお届けするプランです。
※効果を実感して頂くためにも最低2回のお受取りが必須です。(3回目からはいつでも一時休止・解約が可能)

 

このピーチローズひとつで、しっとりぷるぷるのおしりに!
睡眠時にピーチローズでお肌の再生力を高めて、おしりニキビケア、黒ずみケア、デリケートゾーンのかゆみ・かぶれのケアにも役立てていきましょうね。

 

ピーチローズと一緒に、夏に負けない美尻を目指して頑張りましょう♪
公式サイトには200件以上のレビューも掲載されています。

 

>>まずは下記公式サイトを確認してみてくださいね<<

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

......

おしりの黒ずみ
他人には絶対に相談できないおしりの黒ずみ。黒ずみがあるとおしりが汚くみえてしまうので、悩んでいる方は少なくありません。
しかし、黒ずみができる原因を排除し、正しいケアを行っていけば、黒ずみを解消することができます。
おしりの黒ずみが発生する原因には、以下のようなものがあります。

 

(1)摩擦などの刺激による色素沈着
お肌は刺激を受けると、防御反応でメラニンを生成します。
下着や洋服との摩擦や、座っている時の圧力などの刺激により、お肌がくすんでザラついたり、色素沈着が発生します。

 

特に、締め付けのきつい下着やナイロン製の下着、お風呂でゴシゴシ洗うのは要注意。
これらのように、摩擦により発生した色素沈着は「摩擦黒皮症」と呼ばれ、シミが深い部分にでき、色素が定着しているので改善に時間がかかります。
座る時間を短くするのは、仕事などによっては難しいと思いますが、下着は肌触りがよい天然素材のものを選ぶなど、なるべく摩擦による刺激を避けるようにしましょう。

 

(2)お肌の乾燥や摩擦などの刺激による過角化
乾燥したり刺激を受けると、お肌は刺激から自らを守ろうとターンオーバーを早めて角質層を厚くしようとするため「過角化」と呼ばれる現象が発生します。
過角化によって角質が厚くなると、お肌全体がゴワゴワしたり、くすんで黒ずんでしまいます。

 

過角化を起こさせないためには、しっかり保湿することが重要です。
また、メラニンによる黒ずみと同様、下着などはなるべく刺激にならないようなものを選びましょう。

 

過角化によっておしりが黒ずんでくすんでしまっている場合は、余分な角質をピーリング石鹸などで穏やかに取り除くと効果的です。
ピーリングを行うと、普段よりもお肌が乾燥しやすい状態となるため、よりしっかりと保湿をするようにしてください。

 

ただし、垢すりやスクラブなどでゴシゴシこすって角質を落とすのはNGです。
一時的におしりがツルツルになっても、摩擦による刺激で後から色素沈着が発生したり、過角化を促進して余計に黒ずみやすいお肌になってしまいます。

 

(3)かぶれや炎症
お肌に炎症が起こると、その部分に色素沈着が発生することがあります。
ニキビ跡の色素沈着は、炎症による色素沈着の代表例です。

 

おしりの場合は、アレルギーによるかぶれやムダ毛の処理などによる傷、ニキビや吹き出物などによって炎症が発生することがあります。
化粧品や石鹸などによるかぶれの場合は、原因と考えられるものの使用をすぐに停止しましょう。

 

かゆみがある場合は、掻いてしまうと炎症が余計悪化しますので、薬などを上手に使ってかゆみを鎮めましょう。
吹き出物など、他の皮膚疾患が原因の場合は、皮膚科に相談し、原因となっている疾患を治すことが必要です。

 

(4)ホルモンバランス
妊娠や出産、生理不順などの女性ホルモンバランスの乱れや変化により、黒ずみが発生する場合があります。
妊娠・出産による黒ずみは、出産後ホルモンの分泌が元の状態に戻れば、色素沈着も落ち着き、黒ずみも数ヶ月で自然に消えますので、それほど心配はいらないでしょう。

 

生理不順による色素沈着が疑われる場合は、基礎体温を付けてきちんと高体温期と低体温期があるかなどを確認し、異変があれば婦人科を受診するのがオススメです。